30代子持ちの美肌を叶える楽なスキンケア方法
30代子持ちの美肌を叶える楽なスキンケア方法

低コストで美肌になるための手入れ方法のコツ

お金を掛けずに楽して美肌を手に入れるノウハウを紹介!

スキンケアのポイントを押さえれば、お金を掛けずに楽して美肌になれます。楽に美肌になる方法のポイントをいくつか紹介します。

美肌になりたいけれどお金は掛けたくないという人におすすめ!

睡眠を十分に取る
忙しい現代社会で家事に子育て、仕事にと日々頑張っている30代女性だと、肌の手入れもままならないと思います。美肌になるために最も大事なことは、まずは眠ることです。たっぷりと睡眠を摂ることで、代謝が正常に戻り、肌も元気になります。最低でも8時間は睡眠を確保するようにしましょう。夜11時に眠ったとして、7時に起きれば8時間の睡眠になります。睡眠を削ってしまう悪習慣があれば、早めに改善しましょう。
お風呂は半身浴ではなく“全身浴”
半身浴は、心臓に負担を掛けない入浴方法ですが、効率良く美肌になるためには全身の血行を良くして代謝を上げる必要があります。つまり、半身浴ではなく全身浴がおすすめなのです。特に、冷え性の人や肌のくすみが気になる人、便秘しやすい人は全身浴で体を温めるようにしてください。湯船にミネラルたっぷりの塩を入れれば、発汗が促され汗と共に体内の老廃物や毒素もデトックスできます。
洗顔は夜だけ!
朝、洗顔料を使って顔を洗うと必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥しやすくなります。夜しっかりと保湿したら、朝は水やぬるま湯だけで洗うようにしましょう。起きたときに顔がしっとりしていれば、忙しい朝に手の込んだ保湿ケアをする必要がなくなります。夜、洗顔と保湿をきちんと行なうことが大事です。肌のコンディションを保ちやすくなるので、美肌も維持しやすくなります。
肌は優しく洗う
肌を洗うときは、たっぷりの泡で優しく汚れを取っていきます。過度の摩擦や洗い残しは、黒ずみやシワの原因になってしまいます。優しくしっかりと汚れを洗い流しましょう。
食生活を見直す
肌の栄養は、内側と外側の両方から取り入れることが大事です。老廃物と毒素を排出するために食物繊維とビタミン、ミネラルがたっぷりの食事を心掛けましょう。肌を作るタンパク質を摂ることも忘れずに。また、忙しいと加工食品を選びがちですが、添加物は細胞を傷付けて変性させる恐れがあるので、美肌の大敵です。できるだけ避けましょう。酵素を多く含むフルーツや生野菜は、スムージーにすると無理なく摂取できるでしょう。
妊婦

女性にとって30代は、結婚や出産・子育てを経験する時期です。自分自身や周囲の環境も大きく変化する多忙な時期なので、どうしてもスキンケアを疎かにしてしまいがちです。しかし、目に見えてお肌の状態が変わってくると、やっぱり焦りますよね。スキンケアは毎日欠かさず行なうことが大切なので、無理なく続けられる方法を見つけて実践してみてください。

知っておきたい!30代からのスキンケアのポイント

特に、30代から実践したいスキンケア方法を紹介します。美しい肌を維持するために、取り入れてみてください。

古い角質を除去するための“ピーリング”

30代は、20代に比べて肌の周期が緩やかになります。古い角質が溜まりやすくなるので、優しく取り除く必要があります。不要になった古い角質を取り除くことで、肌が柔らかくなりスキンケアの栄養成分が肌の奥まで届きやすくなるのです。ピーリングジェルを5~10程顔に置いてから擦り古い角質を取るゴマージュタイプ、角質ケア用のマスク、角質除去用の拭き取り化粧水などがあります。自分の肌に合ったものを使いましょう。

顔だけでなくデコルテやボディのお手入れもする

「首は年齢を隠せない」と言われる部分です。シワやたるみ、毛穴の開きが現れる前にケアしましょう。手の指先も併せて行なうと良いです。肌ナチュールなどのオールインワンゲルは、顔だけでなく首やデコルテにも使えるので、とても便利です。

出掛けるときは紫外線対策を忘れずに!

外出前は日焼け止めを塗りましょう。乾燥が気になる場合は、美容成分と保湿成分を配合した日焼け止め、もしくはUV効果のある化粧下地や乳液を使うようにしましょう。紫外線にはA波とB波がありますが、共に肌にダメージを与えます。肌表面ではシミとくすみを作り、深部ではシワとたるみを作ります。化粧品で防ぐ以外に、つばのある帽子やサングラス、綿の手袋で対策しましょう。

表情筋トレーニングでハリのある若々しい肌を手に入れよう!

30代になると表情筋が衰え、顔にたるみが出てきます。顔がたるんでいると老けて見えてしまうため、女性としては嬉しくないですよね。そこで、簡単にできる表情筋を鍛えるトレーニングを紹介します。

ペットボトルトレーニング
500ミリのペットボトルに少量の水を入れて、唇で咥えて持ち上げます。15秒キープを3セット行ないましょう。口角が上がれば、表情が明るく柔らかくなります。
「あいうえお」トレーニング
大きく口を開けて、「あ・い・う・え・お」と発音します。これを10セット行ないましょう。口元と舌に力を入れて行なうのがポイントです。
割り箸トレーニング
割り箸の先の方を咥えて、床と平行になるように唇の筋力で持ち上げます。平行になったら30秒キープします。

「継続は力なり」何事も続けることが大切

加齢により、どうしても肌は変化していきます。美肌を保つには、楽に取り組める効果的な方法を継続していく必要があります。保湿を徹底して疲れや老廃物を溜めないこと、睡眠と食事の質を維持して肌の周期を保つこと、体を温めて代謝を上げることなど普段できることは多いです。自分のペースを掴み、無理なく継続していきましょう。肌ナチュールなどの効果的なスキンケアアイテムを積極的に活用していくことも、とても大事です。

TOPボタン